2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Twitter

  • Twitter

facebook


ウェザーニュース

  • ウェザーニュース

緑のgoo

  • 緑のgooが収益の15%相当分を環境保護団体に寄付
無料ブログはココログ

ライブドアBlog Roll


なかのひと

hatena star

Analytics

« 阪神なんば線の試運転を見に行ってみた | トップページ | ついに始動?なにわ筋線 »

2009年2月11日 (水)

なんとなく見えてきたオリエンタルランドの劇場

大阪中央郵便局を取り壊し建てられる高層ビルに入居予定の、
オリエンタルランド運営の劇場ですが、

過去記事
大阪中央郵便局跡にディズニー進出(2008/02/07)
大阪中央郵便局建替え後に来る、ディズニーが消えた・・・(2008/10/07)
オリエンタルランド、大阪駅前に劇場開設へ(2008/12/04)

ディズニーの公演をするのか、それとも東京ディズニーリゾートで常設公演を
行っている「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演をするのか、などの説もありましたが、
なんとなく運営の内容が見えてきたようです。

設備充実、ファン拡大──改装や移転相次ぐ劇場(日経新聞)
(キャッシュ版)

記事中のオリエンタルランドのコメントによると、

「ディズニー関連の自主企画や、話題のシルク・ドゥ・ソレイユ関連の公演ではなく、貸し館として運営する」

ということで、ディズニーや「シルク・ドゥ・ソレイユ」の公演ではなく、普通に貸し館として
運営するとの事。ディズニー関連を少し期待していた者としては、
ちょっと拍子抜けな感じです^^;

オリエンタルランドは東京ディズニーリゾートで、「シルク・ドゥ・ソレイユ」の
常設劇場オープン以降、ショービジネスを新たな事業の柱にする方針らしいので、
この大阪中央郵便局跡の劇場は、ディズニーブランドも使用しないという事で、
新事業の拠点となる劇場なのかも知れませんね。

« 阪神なんば線の試運転を見に行ってみた | トップページ | ついに始動?なにわ筋線 »

文化・芸術」カテゴリの記事

再開発」カテゴリの記事

関西ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんとなく見えてきたオリエンタルランドの劇場:

» 不況知らずのディズニーリゾート 次々と新アトラクション登場 [さくっとニュース]
ディズニーシーの新アトラクション「タートル・トーク」10月1日開業東京ディズニーシーの新アトラクション「タートル・トーク」の開業が、10月1日に決まったことを6日(金)、運営する株式会社オリエンタルランドが発表した。 「タートル・トーク」は、映画『ファインディング・ニモ』に登場するウミガメ・クラッシュとの会話を楽しめるシアタータイプのアトラクション。S.S.コロンビア号の船尾にある海底展望室を舞台に、クラッシュから「どこから来たの?」と聞かれたり、クラッシュに海の世界について...... [続きを読む]

« 阪神なんば線の試運転を見に行ってみた | トップページ | ついに始動?なにわ筋線 »