2014年3月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

Twitter

  • Twitter

facebook


ウェザーニュース

  • ウェザーニュース

緑のgoo

  • 緑のgooが収益の15%相当分を環境保護団体に寄付
無料ブログはココログ

ライブドアBlog Roll


なかのひと

hatena star

Analytics

« あべのハルカス(阿倍野近鉄)高さ日本一への定点観測&周辺観測Vol.48 | トップページ | 2012年今年一年ありがとうございました~!また来年! »

2012年11月25日 (日)

セレッソ大阪の新練習場「セレッソの森」見学会へ行ってきた

2012年11月10日、舞洲にできるセレッソ大阪の新練習場「セレッソの森」見学会に、
参加してきました~
まあ、昨日の試合の結果で、セレッソは残留争いに完全に
巻き込まれてしまいましたが(・・;)、そんな時こそ明るい構想の記事をあげて、
気分を変えたいなと・・・(^_^;)
(2012年11月10日撮影・写真計19枚・地図画像計2枚)

Dscf6567_r
建設中のクラブハウスと、育成組織用の天然芝グラウンド。

セレッソの森は、元々大阪市が運営していた球技場を、
大阪市が有効活用させるために長期貸付先を募集し、
それにセレッソの別組織「一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ」が
入札で賃貸するという事で、進んでいる計画です。

参考サイト
セレッソの森公式サイト(2012/11/25 20:40追記)
大阪市、舞洲球技場を賃貸へ セレッソ大阪の練習場が有力に(日経新聞)

(ウェブ魚拓)
【12/03/30】大阪市の条件付一般入札事業予定者決定について(セレッソ大阪公式サイト)
(ウェブ魚拓)
舞洲球技場及び球技場関連施設用地の入札結果について(大阪市公式サイト)
(ウェブ魚拓)

見学会はまず、舞洲にある管理棟で、プロジェクトに至る経緯や概要の
説明がありました。
箇条書きで書いていくと・・・

  • ガンバに優勝をさらわれ、その翌年にJ2降格し、クラブの資金面などの規模に差がついた。
  • 資金ではガンバに勝てないので、育成中心に舵を切る事に。
  • Jリーグクラブの育成では、優秀な小学校高学年から中学生をどれだけ確保できるかが勝負だが、関西で1位~10位レベルの子らは、やっぱりガンバに行ってしまう。
  • 要因としてやはり、ガンバの天然芝グラウンドが二面あるという練習環境(現状セレッソの南津守グラウンドは天然芝は一面)と、セレッソの西成という立地があるとの事。
  • 南津守のグラウンドは天然芝一面と人工芝一面で回しているが、人工芝も劣化しつつあるし、天然芝も一面しかないので養生中はJ-GREEN堺を借りている状況。
  • 堺を借りてもグラウンド数が少ない事により、育成世代の練習終了時間がどうしても遅くなり、生活のリズムが悪くなっている。
  • 南津守も併用しつつ、舞洲で天然芝二面、人工芝一面のグラウンドを確保し、一か所でトップから育成まで練習できる事によって、グラウンド維持のコストと育成世代の練習時間も早くなるなど、全体的な効率が高まる。
  • 舞洲は、寮などセレッソの施設からも遠い印象があるが、咲洲からのトンネルができたので、時間的には近いというのも、今回の立地の決め手。
  • そして、球団の運営会社「大阪サッカークラブ」から育成組織もグラウンドの運営も、「一般社団法人セレッソ大阪スポーツクラブ」にした事により、企業格では受けられない、totoの助成が受けられるようになり、今回のセレッソの森整備も助成に助けられているとの事。

などなどの、理由により、今回大阪市の入札に参加し、
長期に賃貸する事になりました。
一般の人向けのサッカーの活動もしたりしているのに、
企業という格だけで、totoの助成が受けられないのは、なんか勿体ないっすよね・・・

それでは、まずは今回の賃貸地域となる、天然芝グラウンド二面とクラブハウスから。

Map1
場所は舞洲のこの辺りになります。


Dscf6568_r
まずは、育成組織が使う、クラブハウスに近い天然芝グラウンド。
ここは元々、天然芝グラウンドでしたが、冬には枯れてしまうような
昔ながらの芝やったので、夏芝冬芝両方の芝生を植え直したそうです。

Dscf6569_r

Dscf6573_r
簡単なスコアボードもあります。

Dscf6570_r
そしてこちらが建設中のクラブハウス。
こちらには、トップチームのロッカールームやクラブのオフィスが入ります。

Dscf6571_r_2
こちらには、育成組織のロッカールームやサポーター向けのテラスが
出来る予定。育成組織のロッカールームは、女子チームもあるので、
男女で完璧に導線を分けるとの事、まあ、そりゃそうですよね(^_^;)

そして、サポーター向けのテラスは、二階に出来る予定らしいですが、
なんか予定ぽい言い方だったので、この冬の完成時できてるのかなあ・・・
ちょっと不安。

そしてあと、クラブハウスの件で驚いたのが、現在使用している
南津守グラウンドのクラブハウスが、条例の為お風呂を設置出来て
ないとか。お風呂がないというのは、シャワーで十分な外国人選手は
気にしないらしいですが、日本人選手は残念がるそうです。
ちなみにこの新しいクラブハウスは勿論、お風呂完備です(^O^)/

Dscf6578_r
そして、こちらはクラブハウスから育成組織用の天然芝グラウンドを
挟んで向こうの、トップチーム用の天然芝グラウンド。
なぜ、クラブハウスから遠いグラウンドがトップチーム用に
なっているかというと、こちらは元々砂地のグラウンドで、
そこに夏芝冬芝を植えているので、育成組織用のグラウンドに比べ、
足にやさしい環境になるためとの事。

Dscf6576_r
こちらは、芝に入れる状態なので、入れてもらえましたが、確かに
柔らかかったです(^O^)/

Top_g_toto
ちゃんとtotoによる助成のプレートが設置されてます。

ここまで広大なグラウンドがあったのに、賃貸前は、
元々天然芝であったグラウンドの貸出は土日に限定されていたとか・・・
この状態なら、確かにJリーグクラブに貸す方が、マシっすね・・・

続いては、入札の対象地域からは外れますが、
別に大阪市から土地を賃貸して整備した、人工芝グラウンドへ。
天然芝が前提のサッカーにおいて、なぜ人工芝が必要かというと、
グラウンドの耐性と天候に左右されないというメリットがあるとか。

Map2
場所はこの辺り。
ローソンの裏の、オートキャンプ場の隣です。

Dscf6583_r
着いたら、来季からなでしこリーグの二部となる、なでしこチャレンジリーグに
参戦するレディースチームが練習中。
ちなみに、全員中学生とか(^_^;)それで二部リーグで戦うというのは、
ホンマ凄いっす。

Dscf6585_r
案内してくれた、セレッソ大阪スポーツクラブ代表理事の宮本さんも
言ってましたが、女子の練習の雰囲気は男子とはまるで違う(^_^;)

Dscf6586_r

Dscf6592_r
こちらでもグラウンドに入らせてもらいました。

Dscf6588_r
照明塔には、長居での落雷事故を受けて、避雷針を設置したとの事。
そして、照明塔の下には、夏場は虫が多いという事で、
蚊取り用のノーマットがおけるようにコンセントも設置してあります。

Dscf6594_r

Dscf6589_r
最近の人工芝は、天然芝程ではないけど、ドーム球場に比べれば、
全然柔らかかったです。

Dscf6590_r
ドーム球場に比べると、毛並みが長い。

Dscf6593_r
ちなみに、サッカーの大枠のラインは、色を塗ったわけではなく、
元々白い人工芝を植えているそうです。

Dscf6584_r
そしてこのグラウンドも、totoのおかげであります(^O^)/

 

« あべのハルカス(阿倍野近鉄)高さ日本一への定点観測&周辺観測Vol.48 | トップページ | 2012年今年一年ありがとうございました~!また来年! »

サッカー・Jリーグ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448200/47971711

この記事へのトラックバック一覧です: セレッソ大阪の新練習場「セレッソの森」見学会へ行ってきた:

« あべのハルカス(阿倍野近鉄)高さ日本一への定点観測&周辺観測Vol.48 | トップページ | 2012年今年一年ありがとうございました~!また来年! »