2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

  • Twitter

facebook


ウェザーニュース

  • ウェザーニュース

緑のgoo

  • 緑のgooが収益の15%相当分を環境保護団体に寄付
無料ブログはココログ

ライブドアBlog Roll


なかのひと

hatena star

Analytics

« 2016年5月のオリックス舞洲計画観測 | トップページ | 神戸からオリックス舞洲新拠点へのおすすめアクセス »

2016年6月19日 (日)

船旅で行く神戸サッカー観戦と鉄人28号

先週の週末、久々船で神戸行ってみたい!と変な衝動wに駆られ、
関空から神戸空港行きの船に乗って、神戸でのヴィッセル神戸対
サンフレッチェ広島戦観戦とちょこっと神戸観光してきました(^_^;)
(2016年6月11日・12日撮影 画像計32枚)

P6110046_r

P6110002_r
出発は関空から!

P6110003_r
この船で行きます。

P6110004_r

P6110005_r
いよいよ出発。

P6110007_r
りんくうゲートタワービル、やっぱりハルカス似てる^^;

P6110009_r
そして、神戸に到着。

P6110008_r
神戸空港側から見る神戸の景色、これを見ると、
遠くからきた感が高まり、完全に旅行気分になりますw
この旅行感、これが関空から船で神戸入りする魅力です(^o^)

P6110010_r
ヴィッセルの本拠地ノエビアスタジアム神戸最寄の、
地下鉄御崎公園駅。
セレッソ最寄の鶴ケ丘よりは装飾は少なめですが、
踊り場ごとにヴィッセル装飾があり、気分を盛り上げます。

P6110011_r

P6110012_r

P6110018_r

P6110019_r
スタジアム前の道路にも、ヴィッセルのバナーが。
この辺りはセレッソも真似してほしいところ( ..)φメモメモ

P6110020_r
そして、「ノエビアスタジアム神戸」に到着。

P6110064_r

P6110065_r
そして、以前の観戦時も触れた、公文式の看板。
スタジアムに教室あるんだろうなあ…

過去記事
2011.07.16 ホームズスタジアム神戸のセレッソ戦観戦記(2011.07.17)

P6110024_r_2
ヴィッセル神戸のマスコット「モーヴィ」。
動きがユーモラスでした(^o^)
見ての通り牛ですが、「兵庫と神戸になじみ深い」という
理由から牛との事。すいません、神戸牛とか但馬牛の発想しか
出ないっす(^^ゞ

P6110030_r
という事で、入場。

P6110033_r_2


P6110037_r
ここから屋根が出てくる開閉式ドーム構造ですが、
最近屋根は閉めてたっけなあ・・・

P6110040_r
練習に登場した神戸の選手。

P6110044_r
ホーム神戸のサポーター。

P6110041_r
練習に登場した広島の選手。

P6110045_r
近いからか予想以上に多かった、広島サポーター。

P6110047_r
ゴール裏スタンドから飛び出しているネット。
前から謎だったんですが、スタンド下のレストランの視界を
守るための旗置き台だったんすね。

P6110050_r
あと、やっぱりピッチの芝生問題あったせいか、
心なしか整備の人が他会場より多い印象。
なお、試合は面白かったのですが、引分け・・・

P6120091_r
そして今回は余裕があったので、新長田の鉄人28号を初見学。
何度も神戸行ってるのに、新長田で降りる事もなかったので、
ずっとスルーしてました(^_^;)

P6120092_r
ここからでも、なかなかの迫力。

P6120093_r

P6120094_r

P6120095_r

P6120096_r
雨が降ってきたので、じっくり見れなかったですが、
今度行く時はじっくり見たいっす・・・

« 2016年5月のオリックス舞洲計画観測 | トップページ | 神戸からオリックス舞洲新拠点へのおすすめアクセス »

サッカー・Jリーグ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/448200/66104784

この記事へのトラックバック一覧です: 船旅で行く神戸サッカー観戦と鉄人28号:

« 2016年5月のオリックス舞洲計画観測 | トップページ | 神戸からオリックス舞洲新拠点へのおすすめアクセス »